160618_00-1
 前回同様、「えんこれ」日和はなおも続いている訳なのだが...。

 資材はともかかくとしても高速修復が天井スレスレなのは如何ともしがた、勿体ない...というか無駄が多いのだと思う。

 デイリー報酬で得られる高速修復剤は最高9個、空母3隻がある日は11個ほど。使わない事には溢れてしまうので「毎日これだけバケツがチャラに」なってくれる素晴らしい環境である。

 そういうと聞こえはいいのだけれど...いざ、潤沢な修復剤を渡されてみると理解するのだけれど...「連日のバケツノルマで消費」というのは意外と厳しい。これまでがこれまでで散々ケチケチしてきたので、修復剤消費の判断となるとついつい節約気味になってしまい...そして振ってくる天井、といった具合。

 ...かと言って「バケツ消費覚悟で経験値効率のいいレベリング」というのも知らない、思いつかない...。
 どうにもこうにも、どこかで一度飛ばしてやらなければ連日苦悩する羽目になるらしいので、ここらで無駄積み分の消費を。

 未着手ワンス任務でも始めてみる事に

手始めに「新編「三川戦隊」ソロモン方面へ!」

 クリアマークが付いていない単発任務はこんな所
 どれもこれもルート固定なしで厳しい事には変わりがないのだけれど、手始めとしては「新編「三川戦隊」ソロモン方面へ!」を選択する事に。重巡2隻↑含む5-1の羅針盤事情ならマンスリーで学んだので割合慣れたもの...だろう。

160618_01
 ※「青葉改」は主砲2、照明弾+「探照灯★10」の間違い。

 この任務のクリア条件としては旗艦に「鳥海改二」、随伴には「加古型、青葉型、天龍、夕張」の中から5隻。6枠全てが名指し艦で占領されているので自由度の低さは全任務1、同率1位といった所だろう。
 加えて編成条件の全てが「普通の巡洋艦」、艦載機を飛ばすことが出来ないので制空権は当然喪失、一方的に連撃を投げ付けられる状況で海域を走破する事になる。

 そして極めつけのボスルート固定が不可能。戦闘は不利寄りのランダムかつボスマス到達も不安定というのが延々避けられ続けて来た理由だろう。


 さて、攻略編成としては制限の中で重巡5、軽巡1。
 装甲値的には軽巡よりも重巡の方が安心出来る上、攻撃を潜水艦に吸われる事もない...番手を渡すのが怖い水上艦を安定して叩けるので重巡多めが安定だろう。練度的には夕張>天龍なので選ぶ前からメンバーは決まっていた節はある。

 装備に関しては、上でもあったように制空優勢以上は絶対に不可能なので連撃装備...というか水偵系は不要。夜偵にしても発動条件を満たせるのが敵編成次第なので恩恵望み薄だろう。残り2つの夜戦装備は十分有効、道中夜戦もないので最終局面に備えて持ち込んで損はないだろう。

 それを踏まえて「夜戦連撃を維持」しつつ夜戦装備を2~3枠。残りは副砲での砲撃火力強化、或いは電探で命中期待を盛っていくのがいいのではないだろうか。
 重巡なら増設バルジ(中型艦)の装備が可能ではあるとはいえ、大破撤退を作る役は「単縦潜水」や戦艦flagshipといった超火力持ちなので...1桁少々硬くなった所でヌカに釘でしかない。

 ...と言った具合に編成、装備が決まった訳だが...。

160618_02
 実際の任務攻略としては、
  • 1戦目、単縦編成を引かない事を祈る。
  • 1戦後、南下ルート(4戦、ボス確定)を行ける事を祈る。
  • 1戦後後、またしても南下ルート(3戦、ボス確定)を踏める事を祈る。
  • ボスマス、S勝利が取れる編成を祈る。
  • 全体、1隻でも戦艦が少ない編成を引く事を祈る。
 戦闘、羅針盤、ボス編成とランダムに次ぐランダムに...といったどこまでも確率の入れ食いであるので支援艦隊で推して進むのが正攻法と言ってもいいだろう。
 彩雲が持ち込み不可なので支援装備は反航戦火力キャップに拘る必要がなく、道中T字不利考慮で命中よりも火力寄りの砲撃支援が有効...もちろん両立出来ればそれが1番でもある。

160618_00-2
 と、いう訳で気乗りしないながらに難関任務攻略だったのだが...支援押しが効いたのか10出撃ちょっとでどうにか完了。

 その実の修復消費は大破撤退で1~2程、ボスマス踏もうと3~5個といった所。そもそもボスマス不安定というのがあるので、意外と全体的に大きな損害が出る事も珍しいといった印象だろうか。

 ...これなら疲労抜きが必要ない分「潜水無し3-2-1」で大破艦作りでもあまり変わらなかったのでは...。とは思わんでもない。
 ともあれ、長らく任務欄に居座った難関も1つ突破、残りはいよいよもってやる気の出ない難関達ばかりである。リランカに海上突入。ぶっちゃけもう羅針盤勝負はお腹いっぱいである。


-了-