150519_00
 前回のE6周回で得た知識として私の中の「疲労対策」が大きく革命を遂げたので紹介するのが今日の本題。

1.旗艦ローテーションは大変有効。(春E6では)
 連合艦隊では夜戦に入ると第一艦隊のMVPは旗艦で固定

 更に今回のE6では夜戦マスとボスマスで2回の夜戦が必須になるという事で旗艦にMVP確約が2回、最早1周ボスまで行けばキラが付く
 更にこの自然発生したキラというのが中々剥がれないキラキラ深度なので何隻かで旗艦ローテーションしてやれば艦隊通して勝手にキラキラさせてやる事だって出来るのだ。大方MVPを持って行く雷巡でも似たようなことが出来る。

 特に今回編成していたのは金剛型。装甲面を少しはカバ―出来る程度には効果があった様だ。まあキラキラといっても付けて出れば勝つる!って訳でもないのだが。

2.退避(疲労)艦は「直したら疲労抜き」
 連合艦隊マップではかなーり役に立ってくれる艦隊司令部施設、退避撤退ではあるのだが。
 デメリットとして母港に返した艦のコンディション値は大きくマイナス(2艦共にcond-25)。つまるところ大体は赤疲労してしまう訳だ。
 そこで思うのが「大破してるし修復剤かければ解決なんじゃないの?」ってなるのだが、どうやらこれが落とし穴らしい。

 高速修復使用後、というか修復後の艦娘condは一律40(アイコン給料艦点灯)で固定。
 これだけなら特に問題ないのだが、昼戦開始時にはcond-3の変動が入るので修理したての艦娘のcondは37へ。軽度の疲労(給料艦点滅)状態で戦闘する羽目になってしまう。当てない避けないだkでなく初戦で大破中破なんて事も珍しくないのである。

 「なんで直したばっかの軽空母が大破すんだよ!」「どうして砲撃全部外すんだよ!!」

 どこかで聞いたことのある言葉である。もしかしたら周回中に何度か言った覚えがあるような...原因はコレだったか。

150519_01
3.疲労抜くなら「抜けるだけ」
 直したばかりだと良くないのは分かった。だったら「どこまで疲労を抜けばいいのか」と言った話なのだが、この回答としてはそこそこ長めにリラックスさせてやるのがいいらしい。

 cond値増減をザックリ出すと、
  • 戦開始時:昼戦だと-3、夜戦入りと夜戦マスで-2
  • リザルト画面で:旗艦にいると+3、MVP獲得+10
  • 戦績により:S勝利+4、A勝利、B勝利:+3....以下ランク毎に-1(D,Eは±0)
 例えばとある昼戦S勝利して随伴艦MVPを取ったとすると、
  • cond49の場合: -3 / +4 ±0 +10 → 60(キラキラ化)
  • cond46の場合: -3 / +4 ±0 +10 → 57(キラキラ化)
  • cond43の場合: -3 / +4 ±0 +10 → 54(キラキラ化)
  • cond40の場合: -3 / +4 ±0 +10 → 51(キラキラ化、翌戦闘ではキラ効果なし)
 出撃時にcond値43~49ならキラキラ化、cond値40の場合ではキラキラこそ付くものの戦闘中にキラ効果を得られない。といった具合になる。
 今回のE6の場合だと軽巡ツ級Elite重巡ネ級Elite等、鬼のような回避力を持った随伴艦が登場するのもあり命中率が物を言う。少しでも余分にキラを貰っておくのは大事。なのかもしれない。

 まあ、修復直後の40スタートなら、そこから3分待って→秘書艦画面入り(回復分の反映)がベターになるだろうか。母港画面を開きそびれるとかなり悲惨な事になるので特に注意が必要。

 見えない数字の管理まで求められる提督は大変である。

-了-