150511_00
 リットリオの艤装はシマシマ。実感の迷彩もシマシマ。つまりは下着の柄も―。

 それなりに長い因縁だった雲龍着任、その足で高波も合流。春イベントのレア艦集めもなかなか順調に進んで来た。
 あとはラスボスのRomaや、通常海域だと尻を追うのも面倒な酒匂の2隻。たったの二人を見つけ出せればゲームセットといったところまで来たのだが、最近ではドイツもこいつも育てたい艦娘が増えて来たため、E6での連合艦隊レベリングにお熱でイタリーする。いたりする。

150511_01
E5-K Lving
 H→Kマスと踏んで母港へ。
 似たような途中撤退としては我らが3-2-1に近いものがあるのだが、此方は2戦して撤退なので疲労の溜まりが少し緩やか。疲労時のローテーションの頻度も低いし、潜水艦のお陰で被害を抑えられのも3-2-1に同じ。
 加えて連合艦隊での周回なので、最大で12人にまで経験値を吸わせることも可能。駆逐から戦艦、工作艦などの特殊な艦まで、広い層に経験値を割り振る事が出来る。

 流石に6艦x2艦隊が動くのでMVP調整はカナリ難解。
 1隻を集中的に育てるのには不向きとはいえ、1レベル艦すら立たせられる程なので、編成の自由度は3-2-1に負けず劣らず。イベントで増えた艦娘なりをまとめて育てるのには打ってつけなレベリング論なのではないだろうか。


 上の編成では無理に重巡2隻を詰め込んでいるのだが、安定性と修復剤温存を取るなら空母系4隻編成にするといいかもしれない。
 消費やなんだで第二艦隊に戦艦を入れるのは嫌われがちな様だが、機動部隊だと1番槍で徹甲弾カットインをブチかませるので事故軽減としては優秀。旗艦ガードで鋼材を守るのもいいだろう。

 ちなみにこのレベリング、甲難易度だとE6-KにもRomaのドロップポイントが振られているため、レベリングと同じ要領で掘りも出来るのだが、
E5-K Drop1
 個人的な考えをぶっちゃければ「Roma目的にやるのはナシ」だと思う。やるにしても時間の無駄というか、カナリ無謀なやり方だといってやってもいい。

 そりゃあ上の通りの結果なので「お前の運が悪いだけじゃんwww」とか言われたら反論出来やしないが、まず艦娘ドロップが確実ではないコモン艦が豊富なのでRoma以外の出現現率が高すぎる。お目当てのレア戦艦が出ない理由が揃いすぎているのだ。

 仮にRoma出現率が2%とかその辺だとしても、その当選率を埋める最中でドロップなし(推定3割)に邪魔され続ける事になる。となると試行数も多くなってしまう、150回ハズレ続きがあり得たのだからその2倍、3倍嵌る事があってもおかしくはない。
 となると採掘費用も増し増してくる訳で、だったら最初からドロップ確約+ドロップ率も高めのボスマス周回に切り替えた方が安くて早いのではないか。と言った結論だ。

 オマケにKマス周回だと「ついでに」掘れるまるゆの集まりまで悪いので、Kマス周回でのメリットとは...最低消費や修復剤消費が安い程度なものなのだと思う。あとは宗教上の理由で戦艦水鬼の顔を見てはいけない人向けくらいか。

150511_03
 「でも誰々はKマス10周とかで掘れてたよ」

 それはそうだろう。確かにKマスのドロップ設定されてはいる。砂粒程の確率で。誰々というのが偶然それを拾えたに過ぎない。
 所謂勝ち組。言ってしまえば気が向いて買った宝くじの番号が一等云億だったようなものだろうか。

 誰しも買った宝クジが当たる保証はないし、中には100枚買っても200枚買おうと5等にすらカスれない奴だっている。今回の私の様に。
 春イベントもそろそろ大詰め、E6甲。控えるのは戦艦水鬼。こいつの装甲値200と心中する覚悟はできただろうか――...。

 アタリクジ...というかRomaを引きそびれたら相当である。

-了-