170704_00
 利根にも負けず、伊勢にも負けず。

 金(枠)にも立ち並ぶ戦艦在庫にも負ケズ。
 ...なんて感じで、やはり最近でも大型初期値を回しているのだけれど...直近の珍し事として10回足らずの間に三隈がダブって手に入る、なんてことが。
 出ないときはとことん出ない割にはすんなり連荘...とも思ったのだが、メモによると直近140回見ていないらしいので割りと妥当なのやも。

 ともあれ、この2隻も改造してやればまた新たに20.3cm(3号)連装砲が増産出来るという事で、手持ちの、無印「20.3cm(3号)連装砲」4本と合わせれば★10が1本分と1本のおまけ。
 そうなれば20.3cm(3号)連装砲★10も8本目、連撃重巡4隻の主砲を全てコレ★10で埋める芸当も出来るようになる。
 命中+1付きの2号砲★10程ではないにしても、★10砲で固めるなら命中、火力共に改修補正は大いに期待出来る。ハズである。
 特に連合艦隊、「水上編成」の「第一艦隊に重巡」を置く場合は装備の★数が物を言うのでそれにおいては最適と言えそうだ。


 ...とは言え、手持ちには★6でも星付きの20.3(2号)もそこそこあったり、そもそも「水上第一重巡」を除けばそこまで重巡砲ばかりが必要になる場面もそうそうなかったり。特別急いで叩く必要もないのでは、とも思わなくない。

 ただまあ、8本揃えたなら..
  • 2、2、2、2
  • 2+司令部、2、2、1+(2号)
  • 3、3、2、(2号)x2
 の様に主砲配置のバリエーションが豊富になるので叩いておくのも悪くはないのでは、とも思...って悩んではみたのだけれど...。
 思い返せば九三ソナー改修で改修資材を浮かせている現状はネジ不足、改修資材にジリ貧で余分に叩ける程の遊びなんて当然あるはずもなく...また新たに来る2本の「20.3cm(3号)連装砲」もしばらくは倉庫の肥やしになってしまいそうな所である。

-了-