161206_00
 Prinzがいらないって話。(拡大解釈)

 海域が終わった後でもイベント期間にやることと言ったらやはりレア艦掘りで、世間じゃE-5掘りでマジでPrinzが出んのかだのA勝利でしかPolaが出ないのなんの。そもそも新規艦が出ねえと嘆いている人もいる頃合いだろうか。
 E-5以外を見てもE-1で秋月型掘りが出来たりE-3では秋津洲や天城が狙えたりだとか。掘りスポットはそれなりにある事だし狙ってみるのも一興だろう。

 ...まあ、秋津洲が増殖する意義があるのかは置いておくにしてもPrinz Eugen、Pola、秋月に初月。
 どの艦を狙うにしても専用の優良装備を増やすチャンスでもある。今回の中だと改造時に水戦持参という事で、改修資材を浮かせる意味でもPolaゲットが今熱いのだとかなんだとか。

 上にもあるように「ドロップ時の戦闘評価がA勝利に限られている」件もあって、Prinz掘りと天秤にはなってしまうのだが、やはり改修せずに水戦系を増やせるという事で。16秋での堀りの目玉といったらやっぱりPola掘りになるのではないだろうか。...今なら三越衣装だしね。


 ただまあ、絶賛HotなPolaをmine(掘る)にしても問題があって、イベント最終海域だけあって消費資材が掛かってしまうという点だろうか。

 いやまあ、「当たり前だろこの馬鹿」って話でもあるのだけれど、今回のランニングコストには非常に貯め辛いボーキサイトを大量消費してしまうのが非常にネックで、具体的には800強。基地航空隊の補給も合わせれば1周回で1000は軽くオーバーしてくれる。それもたったの1周で。

 10時間遠征(ボーキサイト輸送任務x2)でもまだ取り返せないだけのボーキサイトが消し飛ぶ事になるなんて考えてしまうとこれはヘヴィ。重いと思わざるを得ない。
 まあ、ベット資材のさらに大きい大鳳建造なんかに比べればまだ優しいのかもしれないが、膨大なアルミを溶かして汎用ドロップでも引こうものならそれこそお察しという奴だろう。クジ運に関しては基本的にクズ運しか持っていない私の未来である。


 だったら消費も控えめなE-1、秋月型狙いでもやっていようかとも思ったのだが...こっちはこっちで「割とS勝利を逃す」程度の周回安定性なんだとか。さすがは潜水棲姫。コイツの絡むMAPが安定した試しがない。

 ...そもそも同型だけでも涼月、新月、若月、霜月で残弾4隻。今後の実装で来る...ような気がする「秋月型をわざわざ掘る必要があるのか」は割と疑問でもある。
 次イベントでの「識別札の4枚目」に対応出来るようにはなるのだが...割とそれだけ。10cm連装+高射装置にしても積んで4基程度。不足を感じた事は現状ないので以下同文といった感じだろうか。

161206_01
 とまあ、如何せん16秋には性に合う掘りスポットがない、みたいな「もっともらしい言い訳」もできたので16秋の終わりまでは「流行りの潜水狩りレベリング」を満喫する事にしようかなと。
 ...Pola、Prinzが要らないといえばそれは嘘になるのだけれど、それはまた安売りされたら頑張ろう程度なもの。望み薄。

 それに同じ「1口1000ボーキ+各種資材」をまとめて投げるのなら大型初期値でまるゆでも狙った方が健全とも感じたのでまるゆ鉱炉を再稼働させることにした。これなら大型艦の修理費や修復材が守れるはず。

 そもそも潜在的な所で「バケツを貯めなおすのが嫌」というのを抱えているのでレア掘る気なんて毛頭なかったのかもしれない。資材消費に怯えるくらいなら「提督やめちまえ」とは自分でも思わなくもないのだが...やはりイベント後に資材なり修復材なり。

 減った分をただかき集める工程のは面倒である。

-了-