161126_00
 条件が条件なので、今回は見送ろうかと思った朝風堀りなのだけれど。

 やはり「全艦そろい踏み」にはしがみ付いていたいので結局は頑張ってみる事に。

 朝風のドロップポイントとしては、
  • E-4、Mマス(ボスマス、重巡棲姫、乙 or 甲に限る
  • E-4、Vマス(ボスマス、空母棲姫)
  • E-5、Aマス(vs敵連合、軽巡棲姫マス)
  • E-5、Oマス(vs敵連合、空母ヲ級改flagship x3マス)
  • E-5、Tマス(ボスマス、深海海月姫)
 以上の5ヵ所で、E-4-M以外は全難易度共通となっているとのこと。

 5か所もあれば好みにあったマスを選べそうなものだが、E-4-Mでのドロップ率はかなり壊滅的な事になっていたり、E-4-Vまでは道中で戦艦x4を抜ける必要があったりとなかなかの悪条件。最も編成が緩そうなマスを選ぶのならE-5-Aがそうなるのだけれど、此方はこちらで目的マスまでの所要時間が長い上にしょっぱなの潜水艦がネックになってしまうだろうか。ソ級〇ね。

 正直どこで掘ってもイマイチなマスばかりに居るので、ドロップ確約+ドロップ率高めな最終海域ボスマスで掘った方がマシとさえ言われてしまう所もある。丙~乙難易度ではその限りでもないかもしれないが。


 そんな中でも目を付けたのがE-5-Oマスでの朝風掘り
 E-5-T(ボスマス)の周回に比べて航空戦を2戦も軽減出来るので周回時間が短いのはもちろん、ボーキサイトや艦載機熟練度を守る意味でもアリなのではないだろうか。

16秋イベント、E-5-O(甲)「朝風」掘り

161126_01
 ・編成、並び順 他
 Oマスまでの最短ルートを通るためにはいくつかルート固定が必要であり、wikiによれば...
  1. 空母機動部隊編成である。(2マス→Kマス)
  2. 連合艦隊内に低速艦を含まない編成で、
  3. 正規空母系+戦艦系は5隻まで駆逐艦は3隻まで雷巡は1隻まで(Kマス→Nマス固定)
 と細かに条件を踏んでおかなければならない。恐らくは戦艦+空母の数は連合艦隊内の合計、「第一に5隻と第二に高戦1隻」はアウトなのだろう。(多分)

 周回中の戦闘としては、
  • Kマス、敵水雷戦隊(怖いのはツ級雷撃)
  • Nマス、航空戦マス(祈る)
  • Oマス、ヲ級改fla x3のvs連合戦闘マス(朝風出せ)
 といった所で目的マスまでにはそこまでキツいマスを通らずに済む。
 事故要素と言えばNマスの航空戦で「貰うこともある」程度だが、そう大破連続するということもないため、艦隊司令部施設も必要なさそうな感じさえある。
 また報酬空母のSaratogaが「高速」の航空母艦なのでレベリングついでに突っ込んでやるのも十分アリだろう。

161126_02
 ボーキサイトの消費が多い都合もありOマスではできるだけS勝利を逃さないためにも敵護衛艦隊はキッチリと処理していきたい所だろう。となれば航空隊の先制攻撃や開幕雷撃に砲撃艦の弾着観測射撃など、手数の多さにものを言わせる戦法が有効である。

 ・制空値の調整など
 敵機動部隊と連戦周回をするにあたっては、熟練度消費やボーキサイトを守る意味でも制空権は確保を目指したい所。

 ...確保を目指したいのだけれど、Oマスの空母ヲ級改flagship1隻の持つ制空値は132(らしい)。
 それが3隻出るので制空値396、制空権確保には「敵制空値の3倍」の制空値が必要になるので確保するにはその3倍...要求制空値は1,188

 編成縛りの事もあって言うまでもなく不可能な数字なので大人しくボーキサイトを燃やすしかないようだ。

 ・消費他
 敵のキモが航空戦力だということで空母3隻+艦攻1づつ等で省エネしようとやはりボーキサイト消費が激しい。確認出来たボーキサイト消費は300~400程度。
 基地航空隊でも300程度持っていかれることを含めれば600~700まで膨れ上がるので「全3戦の消費」としてはカナリ重い。ムラがあるとはいえ制空確保に頼れないのはやはり苦しい。

 ちなみにボスまで行った場合はMAX1200オーバー消費をたたき出すザラなので、それと比べれば幾らかマシなのかもしれないが。
 ドロップなしを許容する代わりに「軽い消費と時間効率でOマスを周す」のか、資材、修復、艦載機熟練度等の「コストをかける代わりに確約ドロップ」を選ぶのか。ボスマス or Oマス堀りの対比は一長一短といった感じだろうか。


 一応、ボーキサイト消費を抑える方法として、
  • 艦攻系スロットを埋める(砲撃不可)
  • 基地航空隊をx1隊に減らしてみる(先制攻撃数ダウン)
  • 基地航空隊の代わりに前衛支援を送る(燃料+弾薬消費増)
 など、手段はあるにはあるのだけれど...。
 どれにしても夜戦で触れない敵護衛艦隊の殲滅に一躍買ってくれている、S勝利率に関わってしまうので良い手だとは言いづらく、「戦力余剰に感じたら」削ってみる程度でいいかもしれない。


-了-