151007_00
 まだまだまるゆ釜の休まる事はない。

 例によって1日数回のまるゆ建造の日々は未だに続いている。
 次の運改修に関しては依然として「次は軽巡かな...」といった艦種のアタリはついているのだけれど、いざ名指しとなると誰にするかといった所で相変わらず決まらないでいる。

 なんていうのも軽巡の夜戦火力というのは駆逐艦のそれ程致命的じゃないというか、「最大火力の神通改二」と「手の多い阿武隈改二」の2隻が頭1つ抜けているのを除けば、どの艦も夜戦火力は致命的に低いという事はないというか。
 何なら「下手なマイナー軽巡」の運改修をやったとしてもそこそこに戦える...ような印象があるので艦数に反して運改修の自由度で言えば駆逐艦よりも広いのやもしれない。まあ、先の2隻が万人向けというのを除けばこの際好みで選ぶのもやぶさかではないくらいだ。

 ただ、今度は自由度が高すぎるお蔭で誰の運改修に投資するやら。こんな具合でまるゆの数ばかりが増す一方。
 用途はともかく残弾は作れるだけ作っておこうという事で、相変わらず戦艦建造の勢いが収まる事はない次第だ。

まるゆ建造 (大型初期値) 601-700回

161107_01-1
 今回の100建造ではまるゆ16隻三隈が4隻と言った具合に。5回に1回の高頻度でアタリを引けていたので今までよりもカナリ良い引きをしていたのではないだろうか。
 まるゆ率15%オーバーを叩き出せたのは401-500回目以来の2度目になるのだけれど...その時の三隈は1隻止まりだったので総アタリ数20の今回はまるゆ建造至上最もいい出来だったのかもしれない。

 なにはともあれ、最低限と言われている「まるゆ率15%」のラインを超えることが出来たのはこれでようやく2度目。どうにも負け越してしまっているので1つ多く15%↑な100回綴りを作っていきたい所だろうか。

161107_01-2
 また、今回でまるゆにしても三隈にしても。
 アタリ艦が良く出ていたという事で累計700回での各艦建造率も中々回復してくれている。今までは下火な感じが否めなかったレアモノ建造率もぼちぼち「惜しい数字」にはなってきた感じだろうか。

 以降もこの調子が続けば数字通りも夢じゃないとはいえ、望み的には薄そうな話でもある。


-了-