161024_00
 勢い余って艦隊大漁旗は作ってしまったのだけれど。

 私の所ではその後も秋刀魚漁は続いている。
 理由と言ったら「5匹1口コース」の交換が目当てで、やはり改修資材はいくつあっても困りはしないといった所だ。秋刀魚艦はコレクション用に1つあるので別に...といった感じ。

 とはいえ、任務分の24匹を集めきる段階で早々に1-1、1-5、3-3といった主要となる猟場の魚は粗方取りつくしてしまったらしく...その後の3マップでの釣果はイマイチ。ダメ元で探索装備を3種→4種に増やしてみるものの...効果は感じられず、むしろ苦しいまである。窒息も近い。


 一応はなんとか1桁周で1匹のペースは保てているのだけれど...3周に1尾だったり次には4で1だったり。徐々に見つかるまでの時間がずれ込んできたのも否めないので特定3海域での収集はそろそろ無理が出てきたのかもしれない。
 結局「ウィークリー更新で秋刀魚リポップ」なんて美味しい話もなかったのでやはり「丸3日立ち入らない」とか、それくらいの「時間の置き方」が必要になるのだろうか...そうなると他マップでの秋刀魚狙いも視野に入れるべき、なのかもしれない...装備変えたり面倒だなあ...。

 ただまあ、直近だと時間効率が微妙と思っていた1-5でのドロップが意外と息長く続いていて、現状になると上で挙げた3海域の中でも1番安定したドロップ、かつ1番量が出ている猟場なのかもしれない。あくまで体感の域は出ないのだが。

 4隻編成の消費も軽めで秋刀魚探索装備も無理なく積める上、先制対潜で安定してボスマス(秋刀魚ポイント)まで。これだけ揃っているので思考停止で周回する分にはカナリあっていると言えるのは間違いないだろう。
  3-3でも「秋刀魚マス到達率」で愛顧を受けている感じなのだけれど、高速修復剤1つで軽く何10周近くも出来てしまうので資材効率で勝る感じだろうか。代わりに戦闘数もあて周回時間含めた時間効率は低め寄りなのだが。

 ここまで完璧な周回マップが存在する手前、「掘り対象の枯渇」という仕様はあまりにも酷というか。いつになったら回復するんだというか。

どうでもいい事

161024_01
 オマケで貰える開発資材x3が地味に嬉しい。

-了-