160925_00
 月も終わりといった所だが、今更になって今月もE.O.。
 なんていうのもイベント明けやら浦波実装、来たる秋刀魚つりに気を取られてやらなかった訳じゃないんだ...記事にするの忘れてたんだ。もっとひどい。

9月のE.O.

160925_01
 ※以下、海域名クリックで詳細の開閉。
 出撃履歴は、
 海域 
 ゲージ / 出撃数  先月比 
2-5
4 / 4
-1出撃
3-5
4 / 4
-3出撃
4-5
5 / 7
+2出撃

 削りでの撤退が1回、ゲージ破壊の旗艦残しで1回と4-5では出撃数が増えてしまったのだけれど2-5、3-5が素晴らしく順調だったので総合的には-2出撃の手間削減。
 4-5の資材消費はやや増えてしまったものの、面倒な「「水上反撃部隊」」、突入せよ!」や北方羅針盤が割合すんなりな月課に終わる事が出来た...感じだったと思う。多分。


 編成装備の変更点と言えば、なんといっても4-5、例月旗艦固定だった扶桑型改二の代わりにWarspiteを投入した所だろうか。少しは「出撃レベリングしよう」という事で。
 当初はLv.50と少しという事で、E.O.に編成するのはやや心許ないレベルでもあったのだけれど、回避率等の防御的な数値は旗艦配置によりカバー。
 大破撤退を喰らった1出撃目も随伴重巡が敵戦艦に1発されるといった交通事故でしかなかったので、ボス到達的にはあまり足を引っ張らなかった感じだろうか。

 ...旗艦Warspiteに変わって気になったとするなら、レベル(索敵値)の低さで弾着観測射撃の発生率がやや低かった...気がする事と、やはりレベル(命中率)の低さで砲撃戦2巡目1番手の当たりがやや少なかった...様な気がしないでもない。
 こんな風にあくまで体感の域は出ない程度の違いしか見られなかったので、ぶっちゃけ「ステータスそれなりの戦艦クラス」となるとレベルの数字はあまり気にする必要も無いのかもしれない。


 また、4-5ゲージ破壊時の最終編成に関しては流石に信頼と実績の「いつもの戦艦5空母1」編成。
 4-5のゲージ破壊と言えば、最終編成だろうと「重巡で充分」だとか、ここに「空母を増やす」なり「夜戦を通る」だとか通らないだとか。
 それぞれ好みの範疇で最適解が変わる節がある様なので、最近に至っては「ぶっちゃけ好きな編成でハマればいいのでは」と、最適解探しは割合投げ気味である。ハマる時はハマるんだし。

 それでいて戦艦5の形が続いている理由としては、過去15ヶ月間ゲージ破壊にかかる出撃数は1~4回。平均値で言っても「2回で終わるのが大半」といった感じで収まっているので特に推している編成という事になっている感じだろうか。

 ...その内10回くらい連続でハマって「戦艦5隻で4-5とか馬鹿じゃないの?!」とか言い出すかもしれない。...嫌だなあ。

-了-