160704_00
 避 暑 地 改 築 !

 しかし、寒そう。

7月の執務室。

・各種資材(先月比)
  • 燃料:297,695 (+22,394
  • 弾薬:298,231 (+36,096
  • 鋼材:292,209  (-6,208
  • ボーキ:293,447  (-5,075
  • 高速修復:3,000 (+75
  • 開発資材:2,525 (+153
 先月の大きな動きとしては蒼龍牧場の終止符くらいなもので、後は「16春の新艦娘」の育成を掲げた以外は特に何も...といった具合。資材の運用も別段変わらずである。
 数字の上から2つを「29」で固定したまま、残りは溢れる分をまるゆ建造なり大型開発なりで溶かしていく、以前まででは夢に見たような成金(みたいな)生活を送っている。

 先日の運営ツイート曰く夏イベントへの舵取りも始まっているようなので今月、来月も似たような感じになりそうな感じだろうか。曰く「規模控えめ」。とりあえず16春と違った「いつもの調子」でもお願いしたい所だろうか。

・艦隊練度
160704_02

 さて、艦隊練度の方。
 上でもあった通りに16春組が育成対象なのだけれど、大よそはIowa、Pola改、親潮改と過半数がLv.90を超えたので私的には「集中育成」は第一ラインはクリアといった所だろうか。後は演習なり任務なり、いつもの調子でLv.は99ってな感じだろう。
 神風、春風の方にしても「睦月型」の背中に追いついてきたので、そちらと同じくな「キラ付け+遠征育成法」にシフト出来る日も近そうだ。

 心残りのラスト蒼龍も改二化も完了。
 駆逐艦の育成としても磯風、時津風、嵐に萩風(あと親潮と遠征の皐月も)、新たに6隻がLv.90越えまで至ったので成果十分。現状としては絶妙に「強い駆逐艦」入りしている天津風をボチボチ鍛えている所だろうか。

 重巡以上の育成となると「上げるべき艦娘」が少ないので当然方針は集中育成へ、気が付いたら高レベルでLv.99も割り合いあっという間なパターンになってきている。
 ...かとい言って駆逐レベリングを急いだとしても所持艦の「見栄え」くらいしか変わりがないので微妙に張り合いも薄れつつある。でもやる。少しづつ。

7月の目標設定

 先月の目標:蒼龍改二化、親潮他のレベリング、E.O.海域
 先月の艦隊:蒼龍○、親潮+他のレベル○、E.O.やった。

 今月の目標設定、
  1. 各資材値:290.000↑(修復285↑)を維持
  2. Pola改のレベリング(→95くらいまで)
  3. 速吸改のレベリング(目標値未定)
  4. 他駆逐艦のレベリング(→Lv.90or95量産)
  5. E.O.海域(1-5~4-5は絶対、5-5は不明)
 夏イベントも来るという事で、特殊艦の中でもスルー続きであり続けていた速吸のレベルをいい加減上げ始めようかと思う。現状でもLv.50↑はあるので「それで充分派」でもあるのだけれど、念押しとうかなんというか。

 速吸育成に関して言うと主に3-2-1育成なのだが、少し触った感想としては2つ程問題があり、
  1. 燃費(戦闘費+修理費)が高い。
  2. 空母系(というか攻撃機)を増やし過ぎるとMVPが旗艦安定しない。
 MVPを取らない事には出撃や消費回数が嵩んでしまう訳なのだが、MVP安定に走ろうものならその分キッチリ撃ち漏らしが増えてしまう。被弾リスクも増すので修理費用も増えてしまう。

 艦攻アリ+空母火力育成は楽だと踏んでいたのだが...実際は3スロット艦なので案外そうでもないらしい。「洋上補給」の消費以外でも金が掛かる女だという事だろうか。

-了-