160423_00
 最早、「備蓄中と言えば」とでも言った所なのだが...。

 例によって私の所ではボーキサイト天井スレスレながらに資材を継ぎ足しているのでアルミに関しては余り気味、だだ余り。溢れるのも難なので「開発」では積極的にボーキサイト消費する様にしている。

 でまあ、これまでのボーキ排出には予備艦載機を増やすことが出来る「艦載機レシピ」か、鋼材と引き換えで開発資材消費控えめな「電探レシピ」を回しているかのどちらか、といった所だったのだけれど...。

 艦載機も電探にしても、そろそろと十分なストックを作ってしまった後なので「アタリ感」で言えば微妙な所でもある。
 強いていえば艦載機レシピでは「烈風と流星改」、電探レシピの方では「33号対水上電探や32号対水上電探」なんかが出れば嬉しいのだけれど...欲を言えば、せめて「もう1つくらい」はアタらないか。なんて節もある。

 そんな事で「ボーキサイト消費多め」で、「出来るだけ「アタリも多く」て。プラスで備蓄中なので「燃料,、弾薬消費はごく少量」に抑えたい。
 そんな我が儘の通る物件が建たないかと探索していた所、行きついたのがこの(電探との)「複合徹甲弾レシピ」でもある。


 電探レシピのアタリに加えて徹甲弾改修での要求数がトンデモな「九一式徹甲弾」も狙う事が出来る。
 それに最近だと大発動艇改修で必要になる機銃各種が手に入る可能性もある上、Верныйの装備可需要の「増設バルジ(中型艦)」も付いてくる。
 鋼材消費の値は張ってしまうが、その分だけアタリも多いレシピとなっている。

複合徹甲弾レシピ(10/30/251/250)、1~200回

160423_02

 面目上は「徹甲弾」狙いなので秘書艦テーブルは戦艦をチョイスして200開発。
 空母系を旗艦に置けば「零式水上観測機」が入手に挙がるのだが、九一式徹甲弾の開発率はダウンしてしまうので、観測機+電探狙いの場合は大人しく10/11/251/250を選択するのが良いだろう。


 結果としては九一式徹甲弾:6個 / 33号~:4個 / 32号~:6個 / 失敗23回 / 開発数200回。

 これまでの単体レシピの排出率は九一式徹甲弾が約5%(41/800)電探レシピでは32号電探は2.5%(15/600)と33号の方は1%未満(5/600)といった所なので、現状電探の数は上回ってすらいる。
 流石に母数が違うので単純比較は出来ないのだけれど、九一式徹甲弾入手可+電探の出が良く(特に33号対水上電探)、惜しむべくは高コスト特有の失敗率の低さ程度なもの。

 アタリ頻度的にも回していて楽しい開発レシピと言えるのではないだろうか。ただ、九一式徹甲弾単体狙いとしては個別レシピに限ると言うのも据え置きである。


-了-