151112_00
 作ったはいいのだけれど、ほっぽり出していたのが改にもなっていないまるゆの山。

 気が付けばその数は10隻目を数えていた。サボり過ぎ。

 最近のレベリングの宛ては5-4の北回りに移り気味なので3-2-1に行く事も減ってしまったし、基本的にオリョールの羅針盤を嫌っているのでオリョクるという事も滅多にない
 なので、ここの所まるゆが経験値を得られる機会が随分減ってしまったような気もしている。2-3嫌いは昔からなので主な要因といったら前者なのだが。

 まあキラ付けのデコイに着けるとこはあってもそれで得られる経験値は雀の涙程。
 もうちょっとマシな経験値収入を探さねばという事で、ここの所は「東方艦隊任務」のウィークリーツリーを欠かさないように心掛ける事にした。

 無論、周回マップは潜水艦回しが容易な「カレー洋制圧作戦」。
 基本経験値は3-2-1と同じく320EXPなのだけれど、潜水艦隊で出撃すれば「経験値と疲労度だけ貰って帰れる」様なマップでもある。
 多少当てられたとしてもまるゆなら直ぐに復活出来るし、他の潜水艦、改クラスでもMAX4時間弱の入渠かバケツを幾らかでまた周回へ。経費も安いし鉄もうまいしで具合がいいのは言うまでもなく。

 ...ただまあ、例によっての羅針盤の言う事を聞かなさ加減は相当である。当率5割で何度南下してくれるつもりなのか。

151112_01-1151112_01-2
 そんなこんなで、どうにかまるゆ改5隻束の用意が出来たので、早速消費していく。中途半端に「運50」に届いていなかった足柄改二の運を上げてやる事に。
 「50」と言ったら、コレを超えると「魚雷カットイン」発動率への影響が緩やかになるラインとされている数値なので、一先ずは安心してカットイン役を任せられるようにもなっただろうか。


 が、最近だと50以上の運も多少は影響があったりなかったり
 そんな話もちらほらあるので、「運のどこまで上げればいい」というのは一概には言えないというか、今ある「運キャップ」の話も定説の1つというかそんな感じらしい。

 そもそも定説と言ったら仕様1つ紐解かれるや二転三転するような水物なので、今で言う「運50が正解」というのも「あくまで今あるデータの中での正解」である。もしかすると運キャップの話にはもっとややこしいアレコレがあるのかもしれない。


 ...詰まる所、何が正解かはよく分からない。分かったもんじゃない。
 なので、最近では聞きかじったデータもほどほどに、自分の中で「ある程度満足行く数字」を設定しておくのが正解なのだと思わなくもない。

 自分の中で「これだけあれば安心出来る」ラインというか、運50で大丈夫教の私が言うなら「50くらいあったらカットインするんじゃないの?」と思える数字というかそんな感じの。
 正確な指標が見つからない時にはこういった「俺ルール」、自分用の物差しを使ってやるのも大切なのではないだろうか。

 そして結局は50キャップを信じ続けている。思考停止と言われてしまうとそれまででもある。

151112_02
 まあ、兎にも角にも足柄改二も運52。世間が阿武隈阿武隈言っている中で平らげるまるゆはさぞ美味であったことでしょう。

 世の言う阿武隈の運改修も有りっちゃ有りというか、むしろアリアリだったくらいなのだが、重巡を運改修する魅力としては夜戦火力の頭打ち(キャップ)が容易という点だろう。

 魚雷カットインの場合は火力+雷装の値が200に届いてさえいればそれで天井となるので、後期重巡に魚雷一筋で積んでやれば、それで大よそは頭打ちの火力が叩き出せる事になる...カットインが出れば。
 特にPrinz Eugen改や後期重巡の改二艦なら、
  • 61cm五連装(酸素)魚雷x3本の時点で夜戦火力200に届く
  • 空きスロット1のオマケ付き
 の状態となるので、むしろ装備改修すら不要なくらいの手軽さ加減である。鳥海改二等の夜戦火力が高い艦なら、4連装を混ぜたとしてても夜戦火力200までは余裕があるので更にお手軽。


 そんな事でカットインお任せ艦が1隻増えた訳だが...思うに秋イベではカットイン全振りが必要なマップは来ないと踏んでいるので、なんとか間に合わせた運改修も無駄になる気がしないでもない...。
 コレが無駄になったらなったで連撃突破も余裕なマップ、中規模(らしい)だけにそれはそれでといった所だろうか。

-了-