150915_00
 実は私の鎮守府では長らく未邂逅な駆逐艦が1隻だけいたのだが...。

 そう、それがZ3。

 Z3といえば野分や早霜、清霜達のようにアベレージにボスS勝利が取りにくい海域(4-5など)で掘れる駆逐艦という訳でもなく、初風や天津風といった極一部でしかお目に掛かれないレアキャラといった由縁もなく。ましてやイベントドロップの様に期間限定、掘るのに必死になる必要だって当然ない。

 というか、そもそもZ3との邂逅条件はとある条件下での「通常建造」。レア駆逐艦レシピを幾らか回していれば事足りてくれる。
 その条件、少し手間になる部分としてはZ1を旗艦に置く所が少し厄介なのはあるけれど、そこを除けば至って普通の建造レシピ。元より海域に出る必要だってないし、手持ち資材が持つ限りボタンクリックでいくらでも挑戦する事が出来る。レシピ入力が若干面倒ではあるのだが。


 レシピも軽いしチャンスはいくらでも用意出来るし。レアと言っても福引で1回当たりを出すだけなのでそれほど入手が厳しいという事も無い。それがZ3の入手と言ってもいいだろう。
 現に「Z3出なくて全資材スッた」だとか「Z3出すまでに雪風が云十体でた」なんて話は全く聞いたことがないくらいである。...少なくとも聞いたことは無い範疇。ぶっちゃ詰まる理由はないと言ってもいいくらいの駆逐艦の1隻。

 そんな名前ばかりというかなレア駆逐が、何故今の今まで図鑑に乗っていなかったのかと言えば...。

150915_01
 単にレシピ回しをサボっていただけだろう。

 Z1の着任が去年の10月頃なので苦節は大よそ11ヶ月にもなるだろうか。
 「その内出るだろ」と飛び飛びでやっている内に危うく1年掛けて駆逐の尻を追っかける事になってしまう所だった。

Z3_結果
 そうは言っても建造までに掛かったのはなんと98回

 回数こそ大概掛かった方だとは思うのだが、やはり1回の資材が少なくまとまるので至って温厚なままに邂逅までこぎ着けた感じだろうか。たとえ最低値でも大型建造が条件だったのならさぞ楽しく無かった事だろう。

 そんなこんなで今更ながらにZ3着任。「この艦の改二化」を除けばこれですべての駆逐艦が図鑑に乗ってくれたことになる。

 そしてまたしても改装が必要な駆逐艦だという事で...このZ3もまた育成ルートが発生してしまったとも言えるだろう。...ただでさえ夏イベントからの駆逐も育っていないと言うのにこの追い打ちは頭痛が痛い。

-了-