150913_01-1
 イベント明けてようやく戻ってこれた「平時」、またいつものようにだらだら任務消化に明け暮れるだけの毎日に戻ってこれた。

 なんて思ったのもつかの間で...。
 イベント期間の先で待っていたのは、ただでさえ狭い艦娘枠に溢れかえる三隈に陸奥に、そういえば掘るだけ掘ってそれきりのあきつ丸なんかも居たような...。

 母港内はあまりにもミクマクマムツミクマクマムツムツで言ってしまえば窮屈以外にないくらいなのだけれど、右も左も欲しい装備を持ってくる艦娘ばかりなのでそのまま手放すのは勿体ない、むしろ育てない訳にはいかない...。

 こうなると否が応でも3-2-1、レベリングに本腰を入れないとダメらしい。

150913_00
 ダメらしかったのでひっさしぶりに3-2-1を頑張ってみた結果、どうにかこうにかLv30の艦娘を9体。必要なだけの経験値を集める事が出来たようだ。

 ウィークリーながらに130,000EXP/1日はやや疲れた。(Lv1→30には約40,000EXP)

3-2-1、Lving(案)
 でまあ、3-2-1やるなら熟練度システムの導入で「空母系がMVPを攫っていくのをどうしよう」かといった話になるのだけれど...ぶっちゃけテコ入れ前と同じ編成でいいんじゃないかというのが個人的な結論である。

 私の場合だと、
  • 育成艦、軽巡、空母系2隻に戦艦、まるゆと置いて、
  • 軽巡は疲労次第ローテーション。
  • 空母枠では艦攻や試製晴嵐、高爆装艦爆はNGで、
  • 無論、攻撃機の熟練艦載機はなし(水爆ならギリギリ○)。
 これである程度は旗艦MVPが安定するし軽巡も育つし、冗長なカットインアニメーションも無視してレベリング出来ているのだから、割りと不自由していないのはある。
 それに下手に熟練艦載機を組み込むとMVPが空母の独壇場となってしまうので無理に取り入れるのは帰って疲労度管理の邪魔をしてしまう...酷い時には駆逐掃除用の瑞雲がMVPを攫って行く始末である。

 砲撃艦のレベリングにとっては旨味のない新仕様と考えるのが妥当だろうか...「空母で旗艦MVP」を狙うのなら使わない手はないレベルの神システムktkr状態なのだけれど。


 ちなみに水母は砲撃戦では艦載機を飛ばさないので、熟練艦載機を積んでも低命中を維持出来る。射程も「短」で攻撃順がかち合う事も少なくレベリング随伴としては中々優秀。
 航巡にも似たような事が出来るが、やはり中距離射程が増えると三隈(重巡)育成としてはやや足を引っ張ってしまう感じだろうか。旗艦が戦艦になれば全くの無問題でもあるのだけれど。

150913_01-2
 まあ、航空戦が強くなった関係で多少MVPを取られる事も多少増えた気はするのだけれど、今回、旗艦の代わりには不自由しなかったので何とかなっていた感じもある。

 3-2-1旗艦MVP育成でもいよいよリザーブ必須の時代だろうか...。

 といっても最近では3-2-1行くなら「三隈か陸奥か」といった具合になってきたのもなくはない。そしてレベリングしている時間も減って...の良くない方向に進まなければいいのだけれど。
 

-了-