150827_00
 勝因はメガネ力(ちから)。

 そういう訳で突き進んで...というか掘り進んで来た夏イベントも最終海域のE7、「FS作戦」へ。

 そう、「最終海域」...という事でまたしてもトンデモボスが待ち構えている海域である。
 正直、たまには最後の最後だろうとスッと通してくれるのも良さそうな気はするのだけれど、今回も例によって「何を言っているのか分からない」レベルのラスボスがいるのは当然のこと。
 毎度の戦艦棲鬼を2匹も従えて待ち構えているのが今回E7甲...ぶっちゃけもう少しマシなペットはいなかったものか...。


 兎にも角にも、良くも悪くも。
 はっちゃけ具合が前代未聞で大規模イベントな今回E7海域ではあるのだけれど、私が選んだ難易度はいう間でもないだろう。

 いや、だって副題に書いてあるし...。

E-7 【FS作戦】 攻略

150827_01
 まず攻略の流れとしては、大ボスである「防空棲鬼」の装甲値が333(難易度:甲の場合)もあるので普通に殴っていてもまともなダメージは与えられないようになっているのだけれど...。
 これをどうにかする手段として用意されているのが港湾棲鬼の居るマスと離島棲鬼の居るマス、XマスとYマスの「それぞれでS勝利を上げる」という仕掛けによってダメージが通るようになる。

 ダメージが入るようになる原因は装甲値ダウンを始め、クリティカル威力が上がったのやも?など諸説ある様だが、とりあえずどうにかなる敵に落ち着いてくれるので、クリアを目指すなら必須となるだろう。


 Xマス、Yマスを叩くためのルートにはBXDHYルートを通るのが手っ取り早い訳なので、初手Bマス固定用にあきつ丸+空母1隻以上の水上打撃部隊と編制して挑む。
 この時、本攻略に使用しない艦娘で編成すればすぐさまキラ付き部隊での攻略を始められるので、本体とは出来るだけ被らない編成を組むのがいいだろう。
 流石にBismarck、加賀等の唯一無二を本投入する場合はどうにもならない訳だが...。

 また、この運営ツイートによればこの「仕掛け」は重ねがけで効果が増すこと、毎日0:00にリセットされる制約があるとの事なので其方も頭に入れておかなければならない。
 曰く、効果の実感しやすい複数回...少なくとも両マスで3~回づつはS勝利を挙げておくのを推奨されている様だが、個人的には5勝(以上)なので5回分離島棲鬼を剥いた事になる。

150827_02150827_03
E-7、「ゲージ削り」編成 (編成 / 装備)
E7、ゲージ削り編成
E-7、「ゲージ破壊」編成 (編成 / 装備)
E7、ゲージ破壊編成
E-7、「支援艦隊」編成 (編成 / 装備)
E7、支援艦隊

 X、Yマスでのボス軟化のからくりを解いた後にはベターなEGJMZルート、空母機動部隊編成での本海域攻略を進めて行く。

 ルート固定としてはJ→Y(離島棲鬼マス、全5戦ルート)へ向かうのを回避するために連合内で戦艦+空母が4隻以内に収まるよう、軽空母で制空値調整した編成。
 余った旗艦の枠には重巡を編成して艦隊司令部施設を無駄なく積む事と、戦艦棲鬼の分厚い耐久を削るための昼連撃を両立している。

 正規空母よりも硬さで劣る軽空母で複縦ヲ級改flagshipの園を抜けていくのは少し怖い所なのだけれど、イベントマップも最終面まで来てしまえば敵攻撃威力が高すぎるので、基本的には中破ストップに達するダメージばかりが飛んでくる。なので装甲値の差としてはあまり気にならない感じだろうか。


 ただまあ、この海域で最も厄介なのが羅針盤制御で、なんといっても開始時羅針盤でルート固定することが出来ないというトンデモ仕様になっているため、大破撤退(退避)よりもルート逸れでの撤退が多かったりする...事も。

 攻略時の資源消費の戦犯とも専らの噂である。

150827_04
 ゲージ削り時には阿武隈改二の先制雷撃秋月の高性能対空カットインを抱えてボスマス到達率を盛っていた感じなのだが、最終編成になると戦艦棲鬼が2隻に増える事もあって、ぶっちゃけ夜戦火力的にカナリ苦しくなる

 なので、純粋な火力勝負で敵の馬鹿みたいな総耐久と向き合うべく神通、夕立を編成。そして比較的高頻度で高威力カットインが放てる妙高改二を旗艦に採用する事に。

 急遽妙高に頑張ってもらう事になったので、装備している魚雷は過去の遺産と言うか...全くのありあわせなのだけれど、この積み方でもカットイン火力は頭打ちとなっている(改修効果含め)。
 具体的にどんなダメージが出るかと言えば、小破(HP300↓)の戦艦棲鬼くらいなら軽々お帰り頂ける威力を備えているのでこの上ない威力である。

 それに熟練見張員の効果も加えて開幕「超火力カットイン」を連発。下3隻はほとんど昼戦中に墜ちているはずなので、一早くvs2体の状況を作っていくのがこの編成で要だろうか。

 その後は連撃艦を並べて露払いorボス体力削り、あわよくばクリティカルクジで大ダメージを与えた後に、我が家の幸運艦代表である綾波による火力全振りカットインでドカンと。
 運改修が一辺倒にある私に出来る策としてはこんなもんなんじゃないだろうか。(改修分の運は装備一覧を参照)


 ちなみにカットインが防空棲鬼に飛んで下手な超ダメージでも引いてしまえばそのまま撃沈コースさえあるので、最早夜戦まで妙高さえ生き残れれば...。
 護衛退避を使ってでもボスマスを踏んでいく策も案外悪い手ではないんじゃないだろうか。

150827_05-1150827_05-2
 そんな事で「開幕勝ち点で妙高の独壇場」という淡い期待を胸にE7トライしていた所、どうにかこうにか防空棲鬼の撃沈に成功。
 消費は、
  • 燃料:36,129
  • 弾薬:34,736
  • 鋼材:24,310
  • ボーキサイト:8180
  • 高速修復剤:177
 撃破時点でのX、YギミックはX:7回、Y:5回のS勝利となっていた。キラ付けに関しては...
 X、Y攻略時:疲労抜きのみ
 ゲージ削り時:第二艦隊、前衛支援艦隊、決戦支援艦隊(旗艦のみ常時キラ)
 ゲージ破壊時:全24艦、全てキラキラ

 また、ゲージ破壊時に限り空母に載せる艦攻には全て熟練度最大(>>マーク)を付けて置く。
 最早、支援を出すか出さないかレベルで難易度が変わってくるのでこれは是非やっておく事をオススメしたい所だろうか。


 決まり手は全くノーマークだった鳥海の夜戦連撃。
 装備も20.3cm(2号)x2、零式水上観測機(>>)、照明弾 と特に火力に特化したということもない...ごく普通の昼夜間連撃の装備である。

 それも、
  1. 夜戦開始時、防空棲鬼 HP:161
  2. 防空棲鬼:Bismarckに連撃→Bis大破
  3. 夕立:防空棲鬼に連撃→15弱x2ダメージ(残HP:約131)
  4. 鳥海:防空棲鬼に連撃→80弱+134ダメージ(旗艦撃破)
  5. (綾波:戦艦棲鬼にカットイン→67ダメージ(残HP:7))
  6. →A勝利
 と、夜戦カットインと大ボス撃破が全く関係ない所で勝負を決めてくれた...。
 むしろ鳥海一人でボス体力の8割...6隻で殴りかかって平気な顔している様な硬度の敵に対して、ほとんど一人で殴り倒してしまったのだから絶句もするというものだろう...「ファッ?!」という奴だ。


 育成当初は「まあ、なんか強いらしいから...」

 そんな邪半分に育てたあの子が照月の手を引いてきた、つまりはそういう事である...。
 期日も伸びて色んな意味でも盛況している15夏イベント、参加艦の中で1番の英雄の名前を挙げるとすればそれはもう...揺るぎはないだろう。

 その圧倒的な拳の持ち主は眼鏡が良く似合う。


-了-