150822_00
 特に(意味深)じゃない。

 幸いにも風雲を掘ってしまえたのでE6甲を攻略。
 ...風雲掘りの時にも言った気はするが、ここの難易度は「丙以外」なら限定アイテム「試製甲版カタパルト」が手に入るので「乙」か「甲」ならどちらでもといった感じはあるのだけれど、やはり「甲」を選択。

 いつもの様に自分なりに考察した編成と、攻略結果を張っておくことにする。

E-6 【反攻作戦!FS方面進出】 攻略

150822_04
 ルートは掘りでも使った機動部隊編成、かつ雷巡固有艦娘を編成しない編成。E-3でも使用していた長門型に加えて小~中スロットで制空値を大きく稼げるタイプの正規空母系を並べている。

 空母の艦攻には熟練度、なるべく最大(<<マーク)補正を付けておきたい所なのだが、そこかしこでツ級eliteと鉢合わせる事もあって補正はほぼ使い切りなのだけれど、道中事故すら潰しに掛かる開幕爆撃が手に入るため、出来る限り投入していきたい。

 完全に受ける対空砲火の引き次第にはなるのだろうが、大鳳改、二航戦改二、加賀改といった30スロットオーバーの空母スロットに載せると安全...とは行かないにしても少しは安心できるのかもしれない。やはり運。
 (攻略中、蒼龍改二の【35】天山一二型(友永隊)が<<を維持し続けたため)


 今回のボスのお付きには戦艦棲鬼が付いてくるので、攻撃手数が不足しがち...。
 下手をすれば駆逐やツ級掃除が出来ないまま雷撃戦...なんて恐怖もあるので、確実にゲージを削る意味でも支援には此方の決戦支援艦隊を使用していた。割りといつもの支援艦隊。


 例によってCEGHLZを通るのだけれど、難易度の上昇で雷巡がflagsipになったり、潜水艦もfla級混ざりで魚雷の命中上昇
 それを抜けた先では空母ヲ級改が赤い新型艦載機を飛ばして来るので、掘りでは易々抜けられていたマスでも関係なしに大破...というかどこのマスでも第二艦隊への被害が厳しいマップになっているのでなるべくキラ付け、ないしマイナスcond値での出撃は避けたい所だろうか。

 第一艦隊の長門型、第二艦隊の重巡2隻は1周毎に旗艦、装備を入れ替える事でキラキラを維持する事が出来るので、少しの手間を掛けてやるのもいいかもしれない。

15022_01
 また、シンガリの重巡の装備には例の夜戦連撃全振り装備を載せてやる事に。

 空母棲鬼はそこまで装甲値が高いといった事はないのだけれど、このマップはボスマス含めて全5戦ルートとなっているので被弾も大破も上等。夜戦で動ける艦が多く残るとも限らないので、「1艦辺りの夜戦火力」が重視されるのではないだろうか。
 なので、雪風の「魚雷x3カットイン」と「超火力重巡」の2段構え、どちらか残ればその火力だけでも空母棲鬼を墜としにいける編成を取るのが今回の戦略である。

 副砲連撃装備の使用感としては空母棲鬼に対してクリティカルで100~150級のダメージx2が平然と出せるので威力は十分。
 ...ではあるのだが、ここの敵には先の戦艦棲鬼もいるので昼連撃での削りも結構な威力になるので、流石に両重巡の弾着観測を捨てるまではないにしても、ボス旗艦へのフィニッシュホールドとしては結構なダメージ量を持っているといった感じだろうか。

#大発事件 とは?

150822_03-1
 ...先制雷撃しないと思ったら...お前!
 阿武隈を使い始めて誰しも経験があるであろう大発事件ではあるのだが...。

150822_03-2
 クリティカルさえ出れば止めの一撃くらいは差せるらしい...設計図改二は伊達じゃない。


-了-